Gillette/An Altar

installation 2009

gillet_01

“Gillette/An Altar” is an installation work with the machine that draws his own portrait with servo motors and a pen. It sketches first of all with the pencil by which the person installed the sensor, movement is extracted, and it records. The machine drives the servo motor with the record image based on data, and does the drawing. The subject described by the thing with a mirror of image prints from person’s hand to the machine and it replaces it. The frame obscures which hither and there the painter is. The subject drawing always does the slide between frames. This is a “Between Painting” that used mirror and frame.

gillette_w_p1

「ジレット/祭壇」はサーボモーターとペンを使って自画像を描くマシンによるインスタレーション作品。まず人がセンサーを取り付けた鉛筆でデッサンをして、動きを抽出し記録する。マシンはデータを元にその記録映像と共にサーボモーターを駆動し、ドローイングをしてゆく。映像という鏡を用いる事で描写をする主体が人の手からマシンへとすり替わっている。フレームは画家が、こちら側とあちら側、どちらにいるのかを曖昧にしている。描く主体はフレームの間を絶えずスライドしている。鏡とフレームを用いたビトウィーン絵画作品。

gillette_wp

gillette_w

hoge